札幌の税理士事務所 札幌市東区の市川会計事務所

会社設立・助成金・融資借入・節税対策・確定申告は札幌の市川税理士が親身にサポート

札幌市の税理士 市川会計事務所

融資対策で健全経営をサポート補助金活用で発展する企業へ!市川会計と顧問契約したらどうなるの?会計ソフトの導入以降を完全サポート商売のヒント
補助金活用で発展する企業へ!

>札幌市の税理士/市川会計事務所  >補助金活用で発展する企業へ!

政府は、平成25年6月に、日本経済再生に向けた三本の矢の一つである成長戦略として「日本再興戦略(Japan is Back)」のアクションプランを閣議決定しました。

その中で中小企業・小規模事業者の成長戦略の成果目標として、開業・廃業率、黒字事業者数、海外展開支援の3項目について、次の目標値を掲げています。

  • @ 開業率・廃業率を欧米並の10%台(現状4・5%)にする。
  • A 2020年までに黒字事業者を140万社へ倍増する。
  • B 今後5年間で新たに1万社の海外展開を実現する。

補助金制度は、こうした政府の発表する国家戦略に沿う形で設けられる制度です。つまり、補助金制度の趣旨に合うビジネスプランは、国としても後押しするビジネスモデルであるということであり、我々は、経営者として背景を知る必要があります。

なぜ、補助金をうまく活用できる企業とそうでない企業があるのでしょうか。

それは、補助金制度の趣旨を知らないからです。受給要件を追い、補助金・助成金を頼りにする企業は失敗するといわれています。そのためにも、補助金情報を的確に理解する必要があります。

▼北海道経済産業局 公募情報
http://www.hkd.meti.go.jp/information/koubo/hojokin.htm
おそらく、東京オリンピック開催までの期間は、経済成長を失速しないために次々と補助金・助成金制度を充実させていくことでしょう。

補助金制度のほとんどが、平成24年11月より経済産業省が認定を開始した経営革新等支援機関(認定支援機関)を活用することが、条件となっています。

創業補助金を例にとると、成長戦略として、廃業率が高い創業期の企業に対して、「補助金制度を活用することで、外部の専門家である認定支援機関のアドバイスを強制活用しなければならない」という仕組みをつくりました。また、連携支援する金融機関の署名も条件となりました。

補助金というのは、申請したとおりに実行しなければ交付されません。

このように、申請事業に強制力をつけることで、企業に対して事業促進力をつけるとともに、専門家からの有用なアドバイスを受け、発展性のある企業に対して国は支援する姿勢をとっているのです。

例えば、あなたのアイデアを活かすことで、最大200万円の補助を活用することができます。

活用事例

「特定市場型」新事業活動
機能性とファッション性を兼ね備えた高齢者向け下着が販売されていないことから、女性の感性と知見を生かした新商品の開発事業。
「地域特化型」新事業活動
地域の買い物が困難である独居高齢者のために、長期保存することができる惣菜詰め合わせの配達サービス提供事業。

まずは、市川会計事務所にご相談ください。

お問い合わせ
マイナビ転職に掲載中の求人情報はこちら
無料相談窓口
料金案内
よくあるご質問
商売のヒント
市川会計と顧問契約したらどうなるの?
黒字経営のすすめ方
信用第一!政治資金の監査
事務所案内
事務用品のご案内
お客様の声

個人情報保護方針について